tomatoの蒸気機関車館

1960年代後半から 今で言う「撮り鉄」時代の撮影を思い出しています。

SLの思い出 234 D51 奈良-木津

写真を写していた頃は、佐保川や関西本線越しに若草山や春日山など遠くの山々が見渡せました。それは高いビルもなく田園が広がっていたからです。佐保川の橋梁からは若草山がしっかり見ることが出来ました。ちなみに下の写真をよく見ると東大寺大仏殿が小さきですが写っています。さてどれでしょうか。

1970.4.23
答えは鉄橋の後ろに見える縦の白の手すりの7番目の上に大きな屋根が見えます。
木津方面から佐保川橋梁を渡る柳生号。D51452が牽引しているのでしょうか。

1971.6
ある年の1月15日、木津から列車に乗って奈良に向かう途中、佐保川への築堤を登る列車の窓から山焼きを見ることが出来ました。

若草山の南に連なる山は春日山です。

1971.5
次回に続く


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。