tomatoの蒸気機関車館

1960年代後半から 今で言う「撮り鉄」時代の撮影を思い出しています。

SLの思い出 183  鹿児島本線 八代

鹿児島本線上りの貨物は長大編成でやって来ます。しかし、写している場所は下り勾配なので煙は期待出来ません。しかし、どんどんと豪快に走り去っていきました。いろんな形式の貨車をつないでいました。白い冷蔵車も見られます。高速道路も十分に発達していない時代、国鉄貨物は重要な輸送手段だったと考えられます。撮影した時間帯下りは1本だけ、上りは3本ありました。

1970.8.8 八代-肥後高田
13時過ぎにやって来たのは5062レだ。7時前に鹿児島を出発して14時過ぎに熊本操車場に到着しています。この後に写した貨物を途中で少なくとも2本は抜かしてきます。6394レは12時間弱かけて鹿児島と熊本を走っていますが、5062レは7時間少しで走っていますから、急行貨物だったのでしょうか。ダイヤグラムに引かれた線も太い破線です。

この貨物が行った30分後、96レが門デフのD51に牽かれて駆け抜けていきました。なぜこの貨物は2ケタの列車番号なのか?特別速く走っているわけでもないのに。

やっと14時過ぎ、鹿児島本線下りの貨物の6965レが少し黒煙を吐きながらやって来ました。発車後は黒煙だったのでしょうが、ここまで来ると薄い煙ですが煙を吐く貨物が写せました。

通過して約30分後6394レが球磨川を渡ってやって来ました。   次回に続く

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。