tomatoの蒸気機関車館

1960年代後半から 今で言う「撮り鉄」時代の撮影を思い出しています。

SLの思い出 141 筑豊本線

この勝野の遠賀川の堤防は今も余り変わらないのだろう。この駅のあたりでしばらく過ごす。このあたりは平坦地なので煙は期待出来ない。写しやすい場所だったのだろう。この後しばらく列車が適度な感覚でやって来る。

1970.8.5 直方-勝野
10時20分頃、1732レ C5551が出発していく。きれいなカマだ。煙管のハンドルの十字が印象的だ。

しばらくすると直方から465レがやって来た。このスジは勝野を過ぎると消えてしまう。どこへ行っていたのでしょうか。ネットで調べたら、宮田線だったのですね。やはり石炭が  産出していたのでしょうね。割合長いセキを牽いていきます。 次回に続く


SLの思い出 140 筑豊本線

9時半過ぎに勝野駅に到着した。真夏の10時は暑い。そのような中を、まずは伊田線の423レを写しに行く。遠賀川を渡る鉄橋を目指す。この列車はC11の重連だからだ。遠賀川沿いに走る現在のR200号沿いに歩く。そんな時警報器が鳴り出す。筑豊本線の862レがやって来た。D60とキューロクの重連だ。

1970.8.5 直方-勝野
しっかりダイヤグラムを読んでいたら写していたと思うのですが。しかし、写真から見るとミキサー車のナンバーは福岡8。時代を感じます。

1970.8.5 直方-中泉
もうしばらく歩いて良いポイントについたか?しばらくするとやって来た。目的の伊田線423レが鉄橋を渡っていく。次位のカマは門デフだった。次回に続く

SLの思い出 139 筑豊本線

9時過ぎの2729Dで勝野に向かう。もちろん伊田線も撮れるからである。
途中、直方駅で停車中の一コマ。真夏の9時半頃の様子です。ホームには水が打たれています。暑い日だと思うのですが、ここからはけだるそうにしている様子はうかがえません。今ならクーラーの効いている待合室で、みんなスマホの画面しか見ていないのでしょうか。今とはずいぶん違います。人間の気質も?

1970.8.5 直方
ホームの向こうにはC5552が止まっています。  次回に続く